テキスト

不安を軽減し、医院の今後を考えるオンラインワークショップのレポート!【前編】

こんにちは、『アポロニア21』副編集長/出版アドバイザーの水野麻由子です。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
コロナ禍の影響により、自粛生活が続きました。中には引き続き、オンラインでの活動をされている方も多いと思います。
まだ油断ならない状況の中でも、なにかできることがあるはずと思い、ウェブセミナーという形で医院の未来を考えるオンラインワークショップを開催しました。

1回目は、5月28日(木)。
再放送は6月6日(土)と7日(日)に期間限定で配信しました。

今回はその模様をレポートします。

水野麻由子

『アポロニア21』副編集長/出版アドバイザー
『アポロニア21』の他、『歯科医院のラクわかり経営学』『食べる・飲むメカニズム』『歯科医院デザインCatalog』など経営書を中心に、約40冊の書籍を編集。

 

歯科医院ごとに、新型コロナの影響はさまざまあると思います。

あるコンサルタントの先生によると、
「4月の段階で、クライアントの医院は、地域差はあるものの20~50%売上が落ちた」
とのことでした。

精神的につらい原因は、現状の苦労だけでなく、先が見えないことかもしれません。
トンネル

これから世の中がどうなっていくのかについて、ひとつだけはっきりと言えることは、「どれだけもっともらしい理由や裏付けが示されていたとしても、ひとつとして確信のある予測はない」ということです。
この、「先のことはわからない」という状況で、院長(経営者)や医院が元気になる方法を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

1章:院長が最優先でやるべきこと

新型コロナの問題が拡大し始めたとき、スタッフと医院の対応について話し合ったり、医院規模を縮小したり、マスクやアルコールを確保したり、回転切削器具の使用を最小限に抑えたりと、いち早く動いた院長には、共通の特徴がありました。

「新型コロナの問題は、長期化する」と、早い段階から考えたことです。

このような先生方は、外出自粛が長引いても、心のダメージは小さく、制限の多い日常生活の中に、楽しい時間を積極的に確保していました。

災害精神医学の専門家である筑波大の高橋晶准教授も、「不安や抑うつ、絶望感などは誰でも起こりうる反応だが、長期化するかもと気持ちを切り替えた方が、現状を受け入れやすくなる」と述べています。

心のダメージを軽減するカギは、「長期戦であると考えること」にあるようです。

ここで、医院での「短期戦の発想」「長期戦の発想」について、簡単にまとめておきます。

短期戦の発想―NG

短期戦
  1. がまんする、がまんしてもらう(患者さんやスタッフなど)
  2. 待つ(政府が助けてくれるのを…、ワクチンが開発されるのを…)
  3. 無理してがんばる

⇒自分も周囲も、疲弊していく

長期戦の発想

短期戦
  1. 自分が得意なことに絞り込む(無理を無くしていく)
  2. スタッフ、患者さんに安心してもらえる方法を考える
  3. 今、この状況でできることや新しいニーズを考える
  4. 自分のエネルギーを確保する

⇒エネルギーを効率的に使い、新しい形で医院を継続していける

スポンサーリンク

1章のまとめ

院長が最優先でやるべきことは、大きく、以下の2つが柱になりそうです。

1.「長期戦の発想」に切り替えて医院の今度を考える
2. エネルギーを確保する

今は、疲れ切っている院長が多いように感じます。
エネルギーの確保のために、楽しい時間、リラックスする時間、運動する時間なども、意識して持つようにしてみましょう。

後編では、
長期戦を戦うために必要な材料を具体的にあぶりだすワークショップを行います。

不安を軽減し、医院の今後を考えるオンラインワークショップのレポート!【後編】前回に引き続き https://japandentalnews.com/webseminar-report01 後編は、 ...

日本歯科新聞社ができる2つのサポート

歯科医院チラシ見本1. 「患者さんとのつながりを強化したい」方へのサービス
⇒ 『患者さん安心メッセージチラシ』 2,000部で70,000円+税
※ある程度定型ができているので、簡単な文章と写真を送っていただくだけで、
患者さんとのつながりを深められるオリジナルのチラシが完成します。

2. 「医院継承、院長卒業、還暦など、区切りを祝いたい」方へのサービス
⇒ 『あなたと医院BOOK』
オールカラー/32p/300部/78万円(モニター価格60万円)+税

※歯科医院にかかわる思い出や、院長の人柄がわかるエピソードなどをインタビュー形式でまとめる小冊子です。文章を書くのが苦手な方でも、決められた質問に答えて、写真をご用意いただくだけで、周囲の方に記念に配ると喜ばれる本になります。

資料のお申込み

資料のお申し込みフォーム

日本歯科新聞社の本

経営関連で定評がある、日本歯科新聞社の書籍は以下のページから

日本歯科新聞社の書籍一覧

0
ABOUT ME
日本歯科新聞社編集室
日本歯科新聞社編集室
歯科界唯一の週刊新聞を発行している新聞社。歯科経営誌「アポロニア21」やその他、書籍も多数出版しています。
歯科セミナー・研修・勉強会を探すなら「歯科プロ」

歯科セミナー探しは

日本歯科新聞社運営の歯科プロ!

日本全国の研修,勉強会,講習,講演の情報満載!

歯科プロのトップ画面

公式ページ