指導・監査

個別指導のダメージを抑える3つのポイント

やましいところがなくても、個別指導の通知が来れば不安ですし、準備にかかる労力は並大抵ではありません。
そこで、少しでもダメージ(心理面を含む)を抑えるための3つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

1.周囲に相談する

歯科医院の個別指導
通知が来たら、地域の保険医協会や歯科医師会に相談しましょう。会の対応力は、地域によって差がありますので、日ごろから地元で対応力の高い会にについて情報を仕入れておくとよいでしょう。
レセコンメーカー、スタッフの協力も欠かせません。
領収書などを紛失していた場合、技工所や歯科商店に再発行をお願いすることもあるので、日ごろから良好な関係であることも大切です。
弁護士の帯同については増加傾向にあり、理不尽な対応を防ぐ効果はあるようです。

ある老舗ディーラーの社長の話によると「個別指導がもとで命を絶ってしまうのは、本音の悩みを相談できる知り合いがおらず、周りに弱みを見せられないタイプの先生がほとんど」とのこと。

スポンサーリンク

2.「算定要件」を見直す

最近、カルテ記載内容が算定要件を満たしているかのチェックが厳しくなっています。指導前に、療担規則を見直しておく必要があります。保険医であれば、「療担規則で定めるところで健康保険の診療に当たらなければならない」という大前提(根拠法:健康保険法第72条第1項)があるからです。
いざというときに「読んでも分からないや・・・」とならないように、保険医協会や歯科医師会などの説明会には日ごろから参加しておきましょう。

「レセコンのおかげで請求には困らない」と勉強を怠ってしまうと、指導の場で算定要件を聞かれても答えられず、大幅な返還金が求められてしまうことも・・・

3.「保険ルールの指導の場」と心得る


指導の場は、医学知識や医療判断の妥当性を争う場ではなく、保険のルールを確認する場と理解しておきましょう。知らないことがあれば、謙虚に教えを乞うという姿勢が大切です。
「その時はつらかったが、長い目で見ると勉強になった・・・」という感謝の声を聞くこともあります。

正義感の強い先生が、指導の場で「自分は患者さんにとって最良と思われる診療をしている。保険診療のルールの方がおかしいのだ!」と憤ることがある。療担規則から外れれば、「それなら自費診療で理想を追ってください…」と言われてしまうことに・・・

まとめ

個別指導のダメージを抑えるために必要なのは、以下のことと言えそうです。

  • 周囲に助けてもらう。日ごろから助けてもらえる関係を
  • 保険医の責務として、療担規則を学んでおく
  • 個別指導の意味と目的を理解し、勉強する姿勢で臨む

書籍紹介
歯科医院の指導監査

編著 『アポロニア21』編集部、小畑 真、ドクター重田
マンガルポ) 笠間慎太郎
協力) 岡山県保険医協会、福岡県歯科保険医協会、健保法改正研究会
2021年/A5判/156p
6,600円(税込)
詳しく見る

ABOUT ME
日本歯科新聞社制作局 【麻】
自称・日本歯科新聞社のスーパー雑用係。ヒト、モノ、医院(会社、お店)など、それぞれの才能が輝くのを見るとテンションが上がります。チェーン店より個人店派!この執筆者の他の記事はこちら
歯科セミナー・研修・勉強会を探すなら「歯科プロ」

歯科セミナー探しは

日本歯科新聞社運営の歯科プロ!

日本全国の研修,勉強会,講習,講演の情報満載!

歯科プロのトップ画面

公式ページ