歯科プロ学校

人の名前と顔を覚える方法教えます!

※この記事は2017年に週刊日本歯科新聞にて連載していた「大人のための記憶力アップ術」を加筆、修正しました。

著者紹介

松井達治 氏

薬剤師国試不合格の経験から「記憶力が悪い」というコンプレックスを抱くが、
社会人になってから「記憶術」に出会い、
「自分は今まで記憶の方法を知らなかっただけなんだ!」と衝撃を受け、
認定講師を目指し、スピード合格。
自らの辛い国試不合格経験から、
歯科国試受験生を対象としたセミナー、個別指導も。

記憶のたつじ代表
アクティブブレイン協会認定講師・同協会「記憶マイスター」
(記憶エキスパートコースで優秀な成績を取った方のみに与えられる称号)
薬剤師(国試不合格経験アリ)
歯科国試受験生サポート実績アリ(2020年度は8人中4人合格)
宅地建物取引士2019年合格
三級 ファイナンシャル・プランニング技能士2020年合格
2021年「宅建」合格
長男(2020年東京大学理Ⅱ類合格)

スポンサーリンク

人の名前と顔を覚える方法

「顔は分かるけれど、名前が出てこない」、「最近、人の名前が覚えにくくなった」ということはありませんか。
私は会社の代表をしていたので、毎年500人以上の方と名刺交換をするのですが、実は人の名前を覚えるのが 私も苦手でした。
今でもなんとなくあいさつをしただけの人や、自分の「覚える」スイッチが入っていないときは忘れてしまうので、学校の先生、保険の営業マン、銀行員、スナックのママなど人の名前を覚えるのが得意な人を見るとうらやましかったものです。

ご縁を発展させられるかは、その人自身のコミュニケーションの力に左右されます。そして、コミュニケーションの第一歩は、相手と目を合わせ、名前を呼ぶことです。

2年半前、私は記憶力アップの方法を「アクティブ・ブレイン」というメソッドで学びました。今では、ランダムに並べたトランプ 枚の並びを覚えて、もう一組まったく同じに並べられます。しかし、それは私が特別に頭がいいからではなく、「覚える」技術を学んだからです。14歳ごろまでは丸暗記が得意と言われています。大人には、大人の脳の仕組みに合った記憶法があり、そのための正しいトレーニング法があります。

私は記憶法を学び、一つ気付きました。今まで覚えられなかったのは、覚えようとしていなかったからで、覚えられない人は、実は覚えようとしていないのです。

無意識のうちに、「今の患者さんはもう来ないだろうな」、「今の担当先でないから覚えなくてもいい」と自分の都合の良いように考え、「覚えよう」というスイッチを切っているのです。
人との出会いは「一期一会」。その名前と顔を覚える第一歩は、本気でその人の名前を覚えようと強く意識することです。

スポンサーリンク

名刺交換のコツ

人の名前と顔を覚える上で、名刺交換の行い方も大きなポイントになってきます。
まず、交換した直後に「まついたつじさんですね」とフルネームで読み方を確認します。最初の5秒、これがゴールデンタイムです。この5秒を過ぎれば過ぎるほど聞きづらくなるので、最初に聞きます。 
さらに、珍しい名前の場合は、由来などを尋ねるとよいでしょう。例えば「小鳥遊さん」は「たかなしさん」と読みますが、「鷹がいない空ならば、小鳥が安心して遊べる」という意味があるから「たかなし」なのだそうです。そうした由来を知れば、イメージは鮮明になり、名前を覚えやすくなります。

そして、その後の会話でも「小鳥遊さんは、どういったお仕事ですか」、「小鳥遊さんはどちらにお住まいですか」など、名前を意識的に口に出してお話します。

最後に、名刺を整理する際「いつ」、「どこで」、「誰と」、「どのように」、「何を話したか」ということを、名刺に記録します。そうすることによって、小鳥遊さんとの出会いがしっかり脳に刻まれていきます。

名刺にメモをするのは失礼という考えもありますが、基本的に自分がいただいた名刺を他人に渡したり、本人に返すことはないので心配はいらないでしょう。そして名刺入れがいっぱいになったら、再び取り出す時に、顔が思い浮かべられるか、自分でテストしてみましょう。忘れていたら、次回会う時により意識的に覚えるようにします。

また、名前を覚えるトレーニングにFacebookはとても便利です。多くの人が実名でかつ顔写真を載せているので、記憶法を駆使して覚えた名前と顔が、本当に忘れていないか、気まずい思いをせずに、確かめるのに便利なツールです。

イメージで覚える

子供のころに九九や漢字、百人一首を覚えなくてはいけない時、どのように覚えましたか。ひたすら口に出したり、書き取りを繰り返していましたよね。大人は同じことをしてもなかなか覚えられません。丸暗記は苦手です。

しかし、大人はつながりがあることを関連付けて覚えていくことは得意です。人間は年を重ねていくと人生経験が豊富になるため、経験に関連付けて覚えられる情報が増えていくためです。

また、イメージ(映像)で覚えていくことが、とても大切です。自分が話をしている時に、イメージして説明する。そのものがまるで目の前にあるかのようにイメージして話をしてみてください。
逆に人の話をイメージして聞くこと。イメージして聞くことによって話をしっかりと覚えることができます。

初対面の人の名前と顔を覚える際は、自分が知っている同じ名前の人がいないか、考えます。私の場合は「松井」ですので、野球の元ヤンキース選手、松井秀喜さんと肩を組んでいるところをイメージして、覚えるのです。
人は知らないことに対しては無意識で拒絶しますが、すでに知っていることに対しては心の敷居が低くなるのです。

一方、少し珍しい名前の人、例えば「久原さん」という方と名刺交換をしましたとします。くばらさんは、9本のバラと関連付け、バラに包まれた久原さんをイメージして覚えるのです。

さらに役職も一緒に覚える際には、自分が決めた役職のイメージもプラスします。例えば、専務だったら久原さんに栓抜きを持たせる、取締役なら警察のコスチュームを想像で着せるのです。

イメージを思い浮かべて関連付けるということは急にはできませんが、これが習慣になると、記憶力が格段に上がってきます。ぜひ面白く、おかしく試してください。

時間が足りない受験生必見!!

記憶マイスターにして、薬剤師国家試験浪人の経験を持つ松井達治氏のオンラインセミナー。
「検査値の覚え方」「カタカナ文字の覚え方」など、具体的な記憶法だけでなく、
国試の勉強のやり方も伝授。

受講者(卒試浪人→受講後に卒試・国試合格)に
「(言い方は悪いですが)資格試験程度なら誰でも合格できる、その程度のものだというに気づくことができました」と言わしめるほど、あなたが変わるセミナーです。

受験勉強の時間が足りない!という方、今まで知らなかった「覚え方」、「勉強法」を学んで、時間を有効活用してください。

セミナー詳細

日本歯科新聞社オンラインセミナー
「2時間半で記憶力UP!記憶マイスターが教える歯科国試の勉強法」
10月15日(木)19:30~22:00
10月30日(金)19:30~22:00
※どちらかご都合の良い時間をお選びください。

受講料:8500円(税込)
Zoomミーティングにて開催

■10月15日(木)19:30~22:00
10月15日(木)の回で申し込む
■10月30日(金)19:30~22:00
10月30日(金)の回で申し込む

0
ABOUT ME
日本歯科新聞社編集室
日本歯科新聞社編集室
歯科界唯一の週刊新聞を発行している新聞社。歯科経営誌「アポロニア21」やその他、書籍も多数出版しています。この執筆者の他の記事はこちら
歯科セミナー・研修・勉強会を探すなら「歯科プロ」

歯科セミナー探しは

日本歯科新聞社運営の歯科プロ!

日本全国の研修,勉強会,講習,講演の情報満載!

歯科プロのトップ画面

公式ページ