おすすめの本

自宅学習にお勧めの本(家族もご一緒に!)

コロナの問題が長期化し、院長もスタッフも、自宅にいる時間が増えているようです。

「そろそろ勉強もしたいけど、本を読んでると、子どもが割り込んでくる」

「ネットや雑誌も見飽きてしまった」

といった先生方も少なくないかもしれません。

そこで、

  1. 家族で学べる! <小学生以上>
  2.   〃    <高校生以上>
  3. 空いた時間に手軽に読める
  4. 長時間、あきずに読める

という本をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

1. 家族で学べる! 小学生以上

食べる飲むメカニズム

食べる・飲むメカニズム

執筆:摂食研究会、氏家賢明、大野 康 他
A5判
112p
定価(本体2,000円+税)

どんな本?

摂食嚥下を家族で学ぶことができる本です。特に1章は、イラストや写真を見ながら、実際に体験から学べるような内容になっています。家にある道具を使い、「コップやスプーンは、唇のどこに当ててる?」「椅子に座る姿勢を変えると飲みやすさはどうなる?」などを体験してみましょう。子育てや高齢者介助の知識が、家族みんなで上がります!

詳細ページ

スポンサーリンク

2. 家族で学べる! 高校生以上

医院の接遇が学べる本
医療スタッフのための美しいしぐさと言葉

執筆:石井孝司、北原文子、伊藤美絵
A5判
128p
定価(本体3,200円+税)
どんな本?

「好感の持てるしぐさ・言葉」や「マナー」を一般の人も楽しく学べる本です。お子さんでも、将来役立つこと間違いなしです! 写真が多く、〇×形式でわかりやすく学べます。あいさつの仕方、物の指し示し方、名刺交換など、NG例も交えて実践してみたら、家族で盛り上がりそう。

詳細ページ

3. 空いた時間に手軽に読める 夫婦で学べる

簡単歯科医院経営学の本
歯科医院のラクわかり経営学

『アポロニア21』編集部
B6判
164p
定価(本体4,000円+税)
どんな本?

開業医の先生だけでなく、院長夫人、チーフスタッフ、税理士さんなどの外部サポーターの方も、歯科医院の経営についてわかりやすく学べる本です。1つの項目について、だいたい2ページぐらいで書かれているので、子どもに邪魔されたり、途中で家事をしたりしても、キリが良いタイミングで読み終えることができます。

詳細ページ

4. 長時間、あきずに読める

歯科の歴史の本
歯科医療のシステムと経済

安田登、久保寺司、水谷惟紗久
A5判
208p
定価(本体4,000円+税)
どんな本?

「医療って、そもそも何なんだろう?」「どう発展していったんだろう?」など、医療や歯科医療を俯瞰して眺めることができる本です。例えば、「病院は、もともと治療する場でなく、感染症患者の隔離などが主な目的だった」というのは、新型コロナの影響を経験した今、肌で実感しやすい内容かもしれません。「医療は商品になったから広がった」など、独自の切り口で、医療と経済のかかわりも知ることができます。

詳細ページ

0
ABOUT ME
日本歯科新聞社制作局 【麻】
日本歯科新聞社制作局 【麻】
自称・日本歯科新聞社のスーパー雑用係。ヒト、モノ、医院(会社、お店)など、それぞれの才能が輝くのを見るとテンションが上がります。チェーン店より個人店派!この執筆者の他の記事はこちら
日本歯科新聞社の出版物

歯科界唯一の週刊
「日本歯科新聞」

歯科医院経営・総合情報誌
「アポロニア21」

詳しくは公式ホームページへ

購読のお申込み公式ページ