おすすめの本

開業医の先生ご一読を!自分らしく成功する「歯科医院のラクわかり経営学」

歯科医院を長期に渡り運営していくために、開業医の先生方は日々奔走しておられると思います。
本来歯科医師であれば、治療にだけ専念したいところですが経営者となればそうはいきません。

・経営について、誰に相談していいのかわからない
・セミナーで聞く「成功法則」などがしっくりこない
・今の医院の形が自分に合っているのかどうかわからない
・チーフにも経営を学んでもらう方法はないか

などなど
やるべきことがたくさんあるのに思うようにいかない!と悩まれている先生も少なくないはずです。

自分らしく治療や運営をしていきながら患者さんやスタッフにも快適に過ごしてもらい、繁栄し続けたい。

今回そんな先生方へ、今一度自分自身や医院を見直し、
自分らしく歯科医院を成功させるためのヒントを「歯科医院のラクわかり経営学」からご紹介します。

スポンサーリンク

歯科医院を成功に導くリーダーに必要なこと

歯科医院という「医療の会社」にとって”柱”となるのが「経営者=院長」の存在。
院長の考え方や方針、人との接し方でその歯科医院がどんな色になるかが決まります。

では、院長に必要不可欠な要素とはなんでしょうか。

それは、ずばり「リーダーシップ」なのではないでしょうか。

この本にはそのリーダーシップを上手く発揮するためには何が必要なのか端的に知ることができます。

歯科医院経営

スタッフや患者様の接し方のポイント

先生方が一番苦労されるのは実はスタッフとの接し方だったりしませんか?

「DHやDAが自分の思うように動いてくれない…」

「スタッフ同士がなんかギスギスしているな…」

これらを改善するのは難しいことではありません。

あいさつは相手の顔を見て伝えていますか。

小さなことでも、長所を見つけて褒めていますか。

ちょっとした配慮、ちょっとした声かけや行動でスタッフたちの人間関係が良好になるものです。

そしてスタッフだけではなく、患者さんに対してもちょっとした気遣いや声かけなどが信頼される医院への第一歩に繋がるのです。

経営者としての考え方

歯科医院を開業するにあたり開業時には多大なコストがかかる訳ですが、設備や器材にコストをかけすぎずにうまく抑えることも、先々の経営を継続させるためには重要な点です。

そして意外と見落としがちなのが、体調管理。

病気だけではなく、スタッフや家族の問題、お金の不安などストレスが蓄積してしまうと結果的に経営に影響を及ぼしてしまうことも少なくありません。

お金と精神面の両方を安定させることも、経営者にとって大事な心得だと言えるのではないでしょうか。歯科医師体調管理

スポンサーリンク

「自分らしい成功」を見つけるヒント

 

「自分らしい経営」を手に入れるために、自分に合った診療体制を選ぶヒントが学べます。

自分に合った成功スタイルとは?

例えば大型医院がいいのか、多院展開がいいのか、それともあまり手を広げず小規模医院でやるのか。

それぞれのメリットもデメリットを知ることで、自分に合う医院体制を見つけるきっかけになるかと思います。

医院によって違うさまざまな診療体制

たくさん歯科医院がある中で、診療体制も医院によって様々です。
ドクター担当制か担当無しか、業務マニュアルの有無、税理士やコンサルタントなどの外部の人材導入等、一つの医院でも診療体制の詳細は多岐にわたります。

開業当時に決めた診療体制でも、開業5年、10年と年月を追うにつれてその時の状況により体制の見直しや方向転換が必要になる場合もあると思うので、その都度適切な選択をしていくことも大切です。

数々の医院の実情・実績を知るコンサルタントの見解

この本の最終章では、数々の歯科医院の実情を見てきた12人の歯科医院コンサルタントが「成功院長の共通点」について語っています。
開業医の先生方は、様々な苦労を経て自分の医院を作り上げてきた訳ですから、「自分の医院のことは自分が一番分かっている!」と思われるのは当たり前のことだと思います。
ですが、時には「客観的に物事を見る」ということも重要です。
客観的な視点で説得力のある言葉も並んでおり、特に参考になる章だと思います。

自分らしい医院づくりが幸せに直結する

自分らしい歯科医院作りとは自分らしい医院づくりとはどんなものか。

ただ売上が安定すればいいのか?
精神的な安定が欲しい。
経営者としてのやりがいが欲しい。
患者さんやスタッフにも幸せになって欲しい。

先生方一人一人がそれぞれの理念や、理想の歯科医院像というのをお持ちだと思います。

最近では新型コロナウイルス蔓延の影響により歯科医院のみならず、全ての経営者がこれからの時代をやり抜く戦略というのを今一度見直す時期に来ているのかもしれません。

それが実現できれば、経営する歯科医院が、自分のみならず、家族やスタッフ、患者さんなど周りの人達も快適に過ごせる場所となるはずです。

歯科医院経営のラクわかり経営学
歯科医院のラクわかり経営学

編)『アポロニア21』編集部
2018年/B6判/164p
4,000円+税(送料別)

まずは立ち読みする
「歯科医院のラクわかり経営学」公式ホームページ

日本歯科新聞社で購入する
書籍お申し込みページ

<その他の購入方法>
1、お出入りのディーラー様
2、シエン社

0
ABOUT ME
那須麻由子
那須麻由子
新大阪歯科衛生士専門学校出身。歯科助手4年経験後、歯科衛生士へ。歯科衛生士歴13年。心理学に関心があり、産業心理カウンセラーの資格を取得。現在歯科医院にて非常勤で勤務しています。この執筆者の他の記事はこちら
日本歯科新聞社の出版物

歯科界唯一の週刊
「日本歯科新聞」

歯科医院経営・総合情報誌
「アポロニア21」

詳しくは公式ホームページへ

購読のお申込み公式ページ