出版したい

「本を作りたい!」人のための初級講座 (後半)

今回は本を作りたい方の初級講座(前半)の続きです。

「本を作りたい!」人のための初級講座(前半)「本をつくりたい!」というあなたにまず伝えたいのは、人は活字を読むのが面倒…ということです。 そこからスタートし、「それでも、読ん...

前半では、著者(あなた)の強みや書きたいテーマに沿って、どのような書籍を出版したいかを深掘りしました。
後半では、書籍の内容(中身)について具体的なイメージを膨らませてみましょう。

スポンサーリンク

読者にとって、この本を読む利点は?

本を作るときに最も大事なのは、「読みたいな」と思ってもらえることです。

特に売る本であれば、

読者がお金の対価として、何を得られるかは大事です。

 

配る本であっても、

「読むのが面倒だな…」と思わせたら押し付けとなってしまうので、

「読んでみたいな…」と思われるようなメリットを考えましょう。

 

例えば…

【歯科向け】

 ◎ この本を読むことで、経営が上向く

 ◎ スタッフを集めやすい医院になる

 ◎ 患者さんが長く通ってくれる仕組みがつくれる

 ◎ 高齢者の総義歯治療のコツがわかる

 

【一般向け】

  ◎ 子どものむし歯を防ぐ方法がわかる

  ◎ 本当に効果のあるケア法がわかる

  ◎ 高齢者の食事のサポートがラクになる

 

【家族向け】

  ◎ 家族のルーツを知ることができる

  ◎ 故人の思い出を共有できる

 

書こうと思っている内容の価値を見直す大切なステップです。

どんな形式で?

「どんな形式が書きやすいかな…」

「どんな形式が読みやすいかな…」と、

さまざまな本を手にとって、自分に合った形を探してみましょう。

 

「あ、これは読みやすい!」と感じた形式は、

不思議とその人が書きやすい形式でもあるのです。

 

例えば…

■ Q&A形式

 

お悩みに応える形は、読者の心に届きやすいメリットがあります。

一般書籍に参考になるものがたくさんありそうです。

 

■ エッセイ形式

「本」と聞くと、多くの人がイメージするのがエッセイ形式かもしれません。

明確な答えがあるのではなく、読者の心に問いかけるような内容には特に向くと感じます。

 

■ ストーリー形式

読者にも、ハラハラドキドキを追体験して学んでもらえる形です。

読者の共感を得やすい利点があります。

 

■ 写真を中心に手技を紹介

臨床で多い形式です。お料理の本なども参考になるかもしれません。

動画との組み合わせもお勧めです。

 

■ ○×形式で、失敗事例と対比

失敗事例も交えると、読者の学びが深くなります。

 

■ 事例(写真)中心

医院デザインなど、「読む」のではなく、「見て」感じてもらいたい場合に向いています。

 

■ その他

日めくりカレンダーなども楽しいですね。

ただし、コストは高くなります。

 

第1章はQ&A、第2章はエッセイ、第3章は座談会など、

組み合わせも自由です。

 

形式が決まると、原稿を書きやすくなりますよ。

タイトルは?

今までお書きいただいた文字の中から、

より価値があると思われるキーワードに下線を引いてみましょう。

それらを使って、仮のイメージタイトルを考えてみてください。

 

大事なのは、ウェブ検索を意識し、特に以下の2点に気をつけることです。

NG例も挙げておきます。

 

■ 必要としている読者の検索に引っかかる言葉を選ぶ

中身を見なくても、歯科医師向けか、患者さん向けか、テーマは?

などがわかりやすいように心掛けましょう。

【NG例】

◎ 患者さんのことを考えた歯科治療

◎ 最新の歯科治療

※どちらも漠然としすぎている

 

■ 患者さんに不快に思われない表現を使う

今やインターネットで簡単に検索できる時代です。

著者の名前を検索したときに、

患者さんが不快に感じるキーワードを使わないように心掛けましょう。

【NG例】

◎ かならず儲かる歯科医院経営

◎ 患者さんに自費を選ばせるテクニック

目次は?

読者にわかりやすい形での項目分けを考えてみましょう。

目次はチラシなどで一人歩きするので、

それだけ見てもイメージがつかめるものがベストです。

 

ここで注意するのは、自分の得意分野に絞り込むこと。

 

高齢者向けの口腔ケアが得意なのに、

口腔ケア全体について書こうとすると、

どこかで聞いたような硬い文章を引用することになりがちです。

【NG例】

 ① そもそも口腔ケアとは

 ② 小児期に求められる口腔ケア

 ③ 成人期に求められる口腔ケア

 ④ 高齢期に求められる口腔ケア

【推奨例】

 ① 口腔ケアでの高齢者の悩みベスト5

 ② 5つの悩みの解決法

 ③ 訪問診療・家族が悩まない口腔ケア指導

 ④ 高齢者施設の悩みにどう応える?

スポンサーリンク

最後に

 

さて、1~9への答えが出来たら、ご自分の書きたい本のイメージが、だいぶ明確になってきたのではないでしょうか。

ここまで揃ったら、あとは、周囲や出版社に相談してみましょう!

Good Luck !

 


ABOUT ME
日本歯科新聞社編集室
日本歯科新聞社編集室
歯科界唯一の週刊新聞を発行している新聞社。歯科経営誌「アポロニア21」やその他、書籍も多数出版しています。
歯科セミナー・研修・勉強会を探すなら「歯科プロ」

歯科セミナー探しは

日本歯科新聞社運営の歯科プロ!

日本全国の研修,勉強会,講習,講演の情報満載!

歯科プロのトップ画面

公式ページ